Blenderの使い方|基本編|視点変更

Blenderの使い方|基本編|視点変更

 

 

テンキーでの視点変更は本当によく使う機能ですね。この機能による作業効率の向上こそBlenderが愛される理由の一つでしょうね。

 

この操作感覚になれたらBlenderかなり好きになると思います。

 

視点変更は普通テンキーで行います。以下にショートカットキーを示します。

 

視点 ショートカットキー
フロントビュー
バックビュー Ctrl+1
ライトビュー
レフトビュー Ctrl+3
トップビュー
ボトムビュー Ctrl+7
カメラビュー
透視投影←→平行投影の切り替え

Blender書籍

Blenderのおすすめ書籍

Blenderのおすすめの書籍を紹介しています。なお各書籍の評価は私個人が実際に使用させていただいて感じた個人的な評価です。
本を読んで使ってみた印象と、各々の本でどの分野に特化しているのか、というのを☆の数で評価してみました。購入を決める参考になれば幸いです。

Blender2.6マスターブック



情報量ならば間違いなくこの本がずば抜けていると思います。
本の構成としてはCG制作の工程ごとに章分けされていて、さらに各章ごとに実践編と機能のまとめが分かれていてとても効率的にBlenderの使い方が学べるようになっています。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

Blender2.6ガイド&応用3DCG制作



Blender2.6マスターブックには書かれていないPythonやゲームエンジンの使い方についても解説されています。
またグリースペンシルでのアニメーション・たくさんのノードの詳細・物理シュミレーションなど上のマスターブックではさらっとしか触れられていない部分が詳しく解説されています。
CGソフトの書籍としては珍しくリアル人体の制作方法も解説されています。少し残念な点としては白黒印刷なので画像が少し見ずらいというところ。ただその分本そのものがとても軽いので、持ち歩きに便利です。僕はいつも持ち歩いて暇な時読んでいますw

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆

Blender2.7スーパーテクニック



他の書籍にはあまり詳しく書かれていないFreeStyleキャラクター制作・Hair作成のチュートリアルに特化している本です。
うまく差別化ができている書籍だと感じました。また対応バージョンも現行の2.7なので今までの書籍の中では一番最新の情報が得られます。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

関連ページ

UI(ユーザーインターフェース)について
Blenderのユーザーインターフェースの説明をしています。
マウス操作
Blenderにおけるマウス操作の方法について解説しています。
テンキーがない場合の代替操作について
テンキーがない場合の代替操作について解説しています。
操作の取り消しとやり直し
操作の取り消しとやり直しの操作はかなり作業上で必須です。
オブジェクトの移動回転拡大複製スナップ
オブジェクトの移動回転拡大複製スナップはモデリングする上で欠かせない機能です。
カメラ設定について
Blenderにおけるカメラ設定の基本について解説しています。
表示モードの変更
Blenderにおける表示モードの変更方法について解説しています。
カメラフライモード操作方法
カメラのフライモードはカメラ視点で移動ができる便利なモードです。
オブジェクトの整列方法
Blenderにおいて3Dビューに配置しているオブジェクトを整列する方法について解説しています。
スナップ機能
Blenderの精密なモデリング過程においてスナップ機能は非常に威力を発揮する便利なツールです。
表示・非表示
シーン構成が複雑になると必要なものだけ表示しておいたり邪魔なものは非表示にしたりすると効率があがります。
下絵の配置方法(Image import)
下絵の配置はモデリングのさいのガイドに大変役立つ機能です。初心者でも綺麗にモデリングができるので安心ですね。
3Dテキストの作成・フォント・文字間隔変更
なにかと役に立つ3Dテキストの作成方法について解説しています。フォントや字体・文字間隔の変更方法も
被写界深度の設定をする
Blenderにおけるカメラ関連のテクニックを紹介している章です。