パソコンをショートさせない為のテクニックスカルプトとリトポロジー

パソコンをショートさせない為のテクニックスカルプトとリトポロジー

 

こんにちは。
さてさてスカルプトモデリングにおいてレンダリングコストを考えると、避けてはとおれない問題があります。
それがポリゴン数です。

 

細かいモデルを作ろうとして、メッシュを細分化すればするほどポリゴン数は膨大になりPCにかける負担も大きくなります。
いくら作りこんだとしてもパソコンの性能が追いついていなければ、フリーズや強制終了という泣ける結果になることも。

 

今回はそんな事態を避けるためにできるだけレンダリングコストを抑える為に用いるリトポロジー機能について解説しました。

 

スカルプト

モデルを粘土をこねるように、形状変形させていくこと。メッシュに細分化するモディファイヤを適用してあげる必要があるため、普通にレンダリングしようとするととてつもなく時間がかかる。

スカルプトの様子

パソコンをショートさせない為のテクニックスカルプトとリトポロジー

 

リトポロジー

スカルプトしたモデルの形状にそってメッシュ数の少ない、綺麗なポリゴンの流れのモデルを作りなおすこと。
これにスカルプトしたモデルから作成したノーマルマップまたはバンプマップを張りつけることにより、疑似的にモデルのディティールを再現する。

リトポロジーの様子

パソコンをショートさせない為のテクニックスカルプトとリトポロジー

Blender書籍

Blenderのおすすめ書籍

Blenderのおすすめの書籍を紹介しています。なお各書籍の評価は私個人が実際に使用させていただいて感じた個人的な評価です。
本を読んで使ってみた印象と、各々の本でどの分野に特化しているのか、というのを☆の数で評価してみました。購入を決める参考になれば幸いです。

Blender2.6マスターブック



情報量ならば間違いなくこの本がずば抜けていると思います。
本の構成としてはCG制作の工程ごとに章分けされていて、さらに各章ごとに実践編と機能のまとめが分かれていてとても効率的にBlenderの使い方が学べるようになっています。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

Blender2.6ガイド&応用3DCG制作



Blender2.6マスターブックには書かれていないPythonやゲームエンジンの使い方についても解説されています。
またグリースペンシルでのアニメーション・たくさんのノードの詳細・物理シュミレーションなど上のマスターブックではさらっとしか触れられていない部分が詳しく解説されています。
CGソフトの書籍としては珍しくリアル人体の制作方法も解説されています。少し残念な点としては白黒印刷なので画像が少し見ずらいというところ。ただその分本そのものがとても軽いので、持ち歩きに便利です。僕はいつも持ち歩いて暇な時読んでいますw

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆

Blender2.7スーパーテクニック



他の書籍にはあまり詳しく書かれていないFreeStyleキャラクター制作・Hair作成のチュートリアルに特化している本です。
うまく差別化ができている書籍だと感じました。また対応バージョンも現行の2.7なので今までの書籍の中では一番最新の情報が得られます。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

関連ページ

エディットモード
Blenderのエディットモードについて解説しています。 エディットモードはモデリングの基本中の基本です. 是非使いこなせるようにしてくださいね。
ナイフツール
Blenderのナイフツールについて解説しています。ナイフツールは大変便利で、任意の場所にエッジを引くことができます。こういった機能はとくに人体や動物など有機的な物体をモデリングする際に、トポロジーを自在にコントロールできるので便利です。
ループカットと細分割
Blenderに関する幅広い情報を訪問者様と共有するサイトです。ループカットと細分割に関する解説です。
面張りと面の再構成
Blenderの面張りと再構成方法について解説しています。穴のあいているメッシュに対して三角形、または多角形ポリゴンで穴をふさぐことができます。
頂点・面・辺の分離
Blenderの使い方モデリング編です。今回はメッシュの分離と結合の方法について解説しています。ようは頂点・面・辺といったメッシュを構成する要素の一部を切り離したりする方法のことですね。
頂点のマージ
メッシュの結合と分離・そしてマージについて解説しています。分離については前回もご説明しましたが、マージと合わせて解説しています。メッシュの流れを変えたり、新しい形状を作ったりする際にマージは多用します。
オブジェクトの分離と結合
Blenderの使い方モデリング編。今回はオブジェクトの分離と結合についての解説です。モデルが複雑になればなるほど、モデルを構成する要素は多くなるわけですから、時には結合したり、時には分離したりして作業効率を高めていくことが大切です。
プロポーショナル編集
Blenderの使い方モデリング編。今回はプロポーショナル編集についての解説です。プロポーショナル編集というのは周囲のメッシュに影響を与える機能のことです。
スナップ機能
頂点移動のさいにとても便利なスナップ機能について解説しています。スナップ機能をオンにすると選択した箇所が、指定した要素に吸着します。
オブジェクトの整列
オブジェクトを整列させるときに使う整列機能について解説しています。モデルを指定した条件のもとに綺麗に整列させるときに便利な機能ですね。
オブジェクト・メッシュの表示非表示
シーンが複雑になってくると、作業中シーン内のオブジェクトが邪魔に感じることがあります。これを避けるために作業対象のオブジェクト、メッシュ以外は非表示にすることができます。
法線の表示
法線とは3DCGにおいては非常に重要な概念で、メッシュ(面や頂点)から垂直に伸びるベクトルのことです。カメラからみて法線がどう向いているかによって、見え方がかわってきます。
グループ化・ペアレント化
シーンが複雑になればなるほど、その管理が大変になります。そういう時に便利なのがグループ化の概念です。いくつかのオブジェクトをグループごとにカテゴリ分けしておきます。こうすることで、カテゴリごとに表示させたり、必要なグループのみを表示させたりといったことが可能になり作業効率が高まります。
モディファイアー機能一覧
モディファイアーについて解説しています。モディファイア機能は様々な種類があり、オブジェクトに対しあらゆる効果や変形を適用できます。Blenderでの作業の要となる機能群です。