Blender|タイムラインにマーカーを設置する方法と自動キーフレーム

 

Blenderにおけるアニメーション制作プチテクニックです。

 

アニメーションは複雑になればなるほど、タイムライン上は混雑してきます。つまりキーフレームが多くなって、どこからどういった動きをするのか、といったことがぱっと見では把握しにくくなります。

 

そこで役立つのがマーカー設置機能です。

 

タイムライン上の任意の場所に名前付きのマーカーを設置することができます。

 

例えば100フレーム目から右に曲がるような動きをする場合は、100フレーム目のところでマーカーを設置して「Trun right」とでも名付けておけばいいのです。

 

マーカーに関するショートカット

マーカーの設置:M
マーカーの名称変更:Ctrl+M
マーカーの削除:X
マーカーの複製:Shift+D

Blender書籍

Blenderのおすすめ書籍

Blenderのおすすめの書籍を紹介しています。なお各書籍の評価は私個人が実際に使用させていただいて感じた個人的な評価です。
本を読んで使ってみた印象と、各々の本でどの分野に特化しているのか、というのを☆の数で評価してみました。購入を決める参考になれば幸いです。

Blender2.6マスターブック



情報量ならば間違いなくこの本がずば抜けていると思います。
本の構成としてはCG制作の工程ごとに章分けされていて、さらに各章ごとに実践編と機能のまとめが分かれていてとても効率的にBlenderの使い方が学べるようになっています。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

Blender2.6ガイド&応用3DCG制作



Blender2.6マスターブックには書かれていないPythonやゲームエンジンの使い方についても解説されています。
またグリースペンシルでのアニメーション・たくさんのノードの詳細・物理シュミレーションなど上のマスターブックではさらっとしか触れられていない部分が詳しく解説されています。
CGソフトの書籍としては珍しくリアル人体の制作方法も解説されています。少し残念な点としては白黒印刷なので画像が少し見ずらいというところ。ただその分本そのものがとても軽いので、持ち歩きに便利です。僕はいつも持ち歩いて暇な時読んでいますw

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆

Blender2.7スーパーテクニック



他の書籍にはあまり詳しく書かれていないFreeStyleキャラクター制作・Hair作成のチュートリアルに特化している本です。
うまく差別化ができている書籍だと感じました。また対応バージョンも現行の2.7なので今までの書籍の中では一番最新の情報が得られます。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

関連ページ

ボーンの仕込み・ウェイトペイント
Blenderアニメーションはまずここから!CGアニメの基礎の基礎であるボーンの仕込みとウェイトペイントの解説をしています。
カメラワークアニメーション
カメラワークを使ったアニメーションについて解説しています。
モーションパス(アニメーションの軌跡を表示させる)
Blenderにおいてアニメーションの軌跡を3Dビュー上に表示させることが可能です。
モーションブラーの適用方法
Blenderにおけるアニメーションで残像(モーションブラー)をつける方法を解説しています。
グラフエディタの基本操作
Blenderにおけるグラフエディタの基本操作について解説しています。
Blenderリギング1〜キャラクターのアーマチュア設定 〜
Blenderにおけるキャラクターのアーマチュア設定について解説しています。
Blenderリギング2〜キャラクターのウェイトペイント〜
今回はキャラクターリギングチュートリアルの第二回で、ウェイトペイントについて解説しています。
Blenderリギング3〜シェイプキーとグラフエディタによる形状修正〜
キャラクターリギングのチュートリアルの続きです。ボーンの曲げによる形状崩壊をシェイプキー設定とグラフエディタで修正する方法について解説しています。
パーティクル機能の解説
Blenderの物理シュミレーションの基本であるパーティクル機能について解説しています。