Blenderの使い方|ノード編|ノードの基本操作

 

今回はノードの基本的な操作方法について解説しています。

 

ノード機能を活用すれば、マテリアルをブレンドさせて全く新しいマテリアルを作成することが可能になりますし、レンダリング結果に様々な特殊効果を加えることが可能となります。

 

ノードを活用できるかどうかで、表現の幅が歴然と違ってきますので是非使いこなしていきましょう!

 

基本操作まとめ

ノードエディターの拡大縮小・水平移動:マウスホイールの回転
新しいノードの作成:Shift+Aを押してAddメニューより選択
ノードエディターの背景画像を表示・拡大縮小:Alt+V,V
リンクの解除:ctrlを押しながらドラッグして、カーソルでリンクを横切る

Blender書籍

Blenderのおすすめ書籍

Blenderのおすすめの書籍を紹介しています。なお各書籍の評価は私個人が実際に使用させていただいて感じた個人的な評価です。
本を読んで使ってみた印象と、各々の本でどの分野に特化しているのか、というのを☆の数で評価してみました。購入を決める参考になれば幸いです。

Blender2.6マスターブック



情報量ならば間違いなくこの本がずば抜けていると思います。
本の構成としてはCG制作の工程ごとに章分けされていて、さらに各章ごとに実践編と機能のまとめが分かれていてとても効率的にBlenderの使い方が学べるようになっています。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

Blender2.6ガイド&応用3DCG制作



Blender2.6マスターブックには書かれていないPythonやゲームエンジンの使い方についても解説されています。
またグリースペンシルでのアニメーション・たくさんのノードの詳細・物理シュミレーションなど上のマスターブックではさらっとしか触れられていない部分が詳しく解説されています。
CGソフトの書籍としては珍しくリアル人体の制作方法も解説されています。少し残念な点としては白黒印刷なので画像が少し見ずらいというところ。ただその分本そのものがとても軽いので、持ち歩きに便利です。僕はいつも持ち歩いて暇な時読んでいますw

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆

Blender2.7スーパーテクニック



他の書籍にはあまり詳しく書かれていないFreeStyleキャラクター制作・Hair作成のチュートリアルに特化している本です。
うまく差別化ができている書籍だと感じました。また対応バージョンも現行の2.7なので今までの書籍の中では一番最新の情報が得られます。

個人的総評
総合的情報量:☆☆☆☆☆
実践度:☆☆☆☆
モデリング:☆☆☆☆
マテリアル:☆☆☆☆☆
ノード:☆☆☆☆☆
物理シュミレーション:☆☆☆☆☆
FreeStyle:☆☆☆☆☆
キャラクター制作:☆☆☆☆☆

関連ページ

ベイク機能(リアルタイムレンダリング)
今回はBlenderにおけるベイク機能について解説しています。ベイク機能はレンダリング結果をテクスチャに焼き付ける機能です。ゲームCGの作成において有効な手段です。?
レンダーレイヤーを使ったパスの合成
Blenderにおけるレンダリングテクニックについて解説しています。
ノードの整理・グループ化
Blenderにおけるレンダリングテクニックについて解説しています。
インデックス機能を用いた色制御
Blenderにおけるレンダリングテクニックについて解説しています。
マスクレイヤー機能を使ったシルエット調イラストの作り方
本章は今までのモデリング・ライティング・マテリアル・レンダリングなどの知識を踏まえた上で実際にモデルをつくっていく章となっています。まったく同じにしなくても自分なりのアレンジを加えて作っていくとなおいいでしょう。 目的は実践的な力を身につけることですからね。